リフォームローンは住宅ローン借り換えと同時にできる?

 

リフォームローン金利比較をするのであれば大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

金利や借りやすさや審査内容など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますので検索する必要がありません。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

リフォームローンでシミュレーションがあるのをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報を登録する必要は一切ないので軽い気持ちで利用することができます。

返済額の計算は複雑ですのでリフォームローンに興味がある方は積極的にご利用ください。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

金利が安いリフォームローンはたくさん種類がありますのでローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

新生銀行グループのアプラスの金利が安いリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

気になる金利ですが7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、考えられる要因は借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数や雇用形態(正社員・契約社員など)に問題があったのかもしれません。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、割と大きな要因となります。

まずは残債をなくすことがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには ランキングサイトを参照するのが良いでしょう。

でも、住宅事情は人それぞれで異なるので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから条件にあうリフォームローンを探しましょう。

リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンであれば金利を安くおさえることができます。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税ですね。

申告を行う事で当年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり指定されています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー化の工事については20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

リフォームローンは住宅ローン借り換えと同時に

 

工事業者選びを失敗しないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保があるか否かによっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利のタイプには2種類あって安い固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで安い固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに安い固定金利型には永続的な長期安い固定金利型と一定の期間内だけ安い固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる安い固定金利選択型があります。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円という商品が多いです。そのためリフォームローンと住宅ローン借り換えを同時にするということもできます。

参考:リフォームは住宅ローン借り換えと同時がお得?【住宅ローン利用が安い】

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

支払に破綻のない返済額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

リフォームローン審査の内容について紹介します。

リフォームローン審査の内容とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

減税は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

金利が安いリフォームローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査が厳しいと言われてます。

故に、残念ながら審査に落ちてしまい腹いせとして悪い口コミが増えるということはよくあります。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

借り入れたリフォームローンが余った場合、金融機関に返金しなければいけないなんてことはあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

リフォームローンの一体型について紹介します。

平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査の内容においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。